1

NPBでe-sportsが開かれる理由について
「ファミ通.COMより」
2

以下、本文より引用
・――まずは、NPBが“eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”でesportsに参入することになったきっかけについて教えてください。
高田 最近、esportsという言葉をよく耳にするようになりましたし、海外ではすでにいろいろなスポーツ団体がその取り組みを始めているという状況を受け、我々も目を向けていければどうかと考え始めたのが発端です。

・――大会の運営やオンライン予選の設定など、ゲーム面はKONAMIが行い、12球団との取りまとめはNPBが行っているというわけですね。“eBASEBALL パワプロ・プロリーグ”を実現できるようになったとき、KONAMIとしては率直にどうお感じになりましたか?
山本 単純にうれしかったですし、やっとスタート地点に立てたな、と。NPBさんが野球のタイトルのesports事業に取り組むということは、野球好きなゲームファンなら誰もが想像したと思うんですよ。『パワプロ』ファンの皆さんが喜んでくださるのではないかなと考えました。

・――素朴な疑問として、「なぜNPBが『スプラトゥーン2』を?」と、思いますよね。
高田 『スプラトゥーン2』で遊んでいる方の年齢層は若く、人数も非常に多いですし、性別も問わない。その方々にアプローチする意味はとても大きいと考えています。現状、球場を実際に訪れる観客動員数は過去最高を更新するくらい“野球熱”は高まっているのですが、その数字が表すのはあくまで“コアな野球ファン“なのかなと我々は考えています。一方、“若い方々にどのように野球ファンになってもらうか”というのは、NPBも12球団も共通して持ち続けている課題ですし、危機感はずっと共有しているんです。


ネットの様子
12球団のeSports用のユニフォームを作るとかプレイオフから観客入れた会場でやるとか、しっかり形を作ってきてるなー

よくNPBが纏ったなと素直に関心。野球もサッカーもF1も、ゲームも接点の一つとしてファンと繋がっていくっていうのは素敵だと思います。

具体的な報酬金額が発表されたのか。出場38万、優勝107万と

………うーん。ここに来てリアルのスポーツがeスポーツと手を組んできたか。ゲームはあくまで趣味、遊びだと思っているオイラの考えは古いのかのう?

うわ~~~~NPBとsplatoonのコラボめっちゃ楽しみだ




NPBがe-sportsに積極的な理由について明らかに!
こういった団体、企業が盛り上げていただけるのは非常にありがたいですね
こういった機会を通じて野球とゲーム双方ともに盛り上がっていければいいと思います。
今後もっとe-sportsがメジャーになっていければいいですね





人気記事ランキング

    コメント

    コメントする

    コメントフォーム
    評価する
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット
    • 1
    • 2
    • 3
    • 4
    • 5
    • リセット